ウェブページ作成支援サイトとは?

ウェブページとは簡単に言えばホームページと同義語だと思ってください。以下の出典はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』です。

ウェブページ作成支援サイト(ウェブページさくせいしえんサイト)とは、作成方法の解説からWeb素材やスクリプト、レンタル等の情報を提供するウェブサイトのことである。

概要

ウェブページ作成支援サイトには、HTMLタグやスタイルシート等について解説するサイトやJavaScriptのサンプル等を提供するサイト、バナーやテンプレートの制作、Web素材やCGIの配布を行うサイト、及びウェブサイトのスペースやCGIをレンタルできるサイトがある。それらのうち一つ若しくは数項にカテゴリを絞って、或いは全てを含めてサイトを収集した検索エンジンやリンク集もある。これらのうち、サイト登録式の検索エンジンやリンク集では、しばしばアクセスランキングが実施されており、人気順にサイトが紹介されている。近年ではPHPの普及により、PHPスクリプトを配布するサイトも増えている。

ウェブページ

ウェブページ(Web page, webpage)は、ウェブ上にある個々の文書のこと。 もし、あなたがこの記事をWorld Wide Webを使ってパソコンの画面上で見ているなら、この記事もウェブページの1つである。ウェブページのことを略して「ページ」ともいう。また、WP(WebPage)と呼ぶ人もいる。
書物のページとは異なり、ウェブページ同士を相互にハイパーリンクという形で指し示して移動できること(ハイパーテキスト)が特徴である。
大半のウェブページは、HTML(またはXHTML)とスタイルシート[1]、画像データで構成されており、ウェブブラウザを使用して閲覧されることが一般的である。HTMLではブラウザ毎の解釈が異なる場合があるため、企業などが制作しているページにはPDFが用いられていることもある。
JavaアプレットやJavaScript、Flashなどを付加的に用いて、アプリケーションやインタフェースの機能を追加する場合がある。
インタラクティブなウェブページの生成にはCGIを介してC言語やPerlを利用する方法、Javaサーブレットを利用する方法、PHP、HTML中にプログラムを埋め込むJSP、ASPなどの技術が使用されている。
一連のウェブページの集まりとしてできている意味のあるまとまりをウェブサイトという。ウェブサイトの入り口にあたる部分をホームページという場合がある。「ホームページ」を、ウェブページあるいはウェブサイトの意で用いる場合がある。この使い方は本来は誤用であったが、日本やドイツなど一部の国では一般的になっている。
自分でウェブページを作成する場合、多くは専用のアプリケーションソフトウェアとしてWebオーサリングツール、通称HTMLエディターと称するカテゴリーのソフトウェアを用いる。Office系アプリケーションでは作成したドキュメントをHTML形式で出力する機能を持たせたものもある。

ホームページ

ホームページ (homepage) とは、本来はウェブブラウザを起動した時や、多くのウェブブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページのことである。スタートページともいわれる。また、後述のように本来の意味から派生した用法もある。

ホームページという言葉は本来、ウェブブラウザを起動した際に表示されるウェブページの事を指す(上記例1)。しかし、言葉の誤用が広まり現在では上記のように別の意味としても広く使われるようになり、辞書にも本来の意味と併せて上記例2・3・4の用法を掲載しているものもある。日本などの一部の国では「ウェブサイト=ホームページ」という認識が広く浸透している。ウェブページやインターネット全般を指すのも本来の用法ではない。また、どちらかというとHomepageよりもMain page(メインページ)という単語の方が一般的である。
日本国内では、ホームページと称する場合、上記例1の「ブラウザのホームボタンに登録されたウェブページ(本来のホームページの意味)」よりも、上記例2の「ある特定のウェブサイトのトップページ」を示す用法、上記例3の「ウェブページ」、上記例4の「ウェブサイト」を指して使う傾向にある。要するに、ウェブブラウザを通して見る物を全般的に「ホームページ」とひとくくりにするのに近い形で使われる。
「インターネットのシステムそのもの」と捉えられることもあり(上記例5)、インターネット初心者が使用することがある。例えば、一切インターネットブラウザを使わないインターネット電話やメッセンジャーサービスといったものを、「ホームページ」と呼ぶ場合である。
また、「ホームページ」は私的なイメージであるのに対し「ウェブサイト」は公的、公式なイメージとして取り扱われる場合もあるが、本来の言葉の意味を考えると正しくはない。
「ホームページ」をウェブサイト全体という意味で使うことが多いのは、日本や韓国、ドイツなど一部の国で見られる現象である。アメリカでは(上記例1)の「ブラウザのホームボタンに登録されたウェブページ」 や(上記例2)の「ウェブサイトの入り口」の意味として限定的に用いられるのが一般的である。

ホームページ作成支援の記事

お気に入りリンク

リンク

ホームページ作成支援について